アトケアプロの好転反応

アトケアプロの好転反応

アトケアプロの好転反応とは?

 

アトケアプロはアトピー肌やガサガサ肌で悩むお子様のために
開発された日本生まれのサプリメント!

 

アトケアプロを飲むことで肌改善に繋がっている口コミも多くあり、
ガサガサ肌からおさらばだっ♪と意気込むところですが・・
アトケアプロには好転反応があることで知られています。

 

この好転反応をしっかり理解しておかないと、
アトケアプロで効果が出るものも出ずに続かなくなってしまうかも!?

 

 

そもそも好転反応とは・・・
回復の前に一時的に症状が悪化してしまうこと。
漢方薬を摂取した時などに起きる一過性の反応のことで、
傷付いた細胞が新しく生まれ変わろうとしている時や、
体内の毒素を排出しようとする時に出る反応のことを言います。

 

 

アトケアプロの場合には、1週間ほどで好転反応が起こることが多いようです。
この好転反応は、全く起きない人もいますし、
遅い方で1ヶ月~3ヶ月後に起こることもあるようです。

 

好転反応が出る出ないということには、一定の特徴があるようです。

 

好転反応が出やすい人

アトケアプロ,好転反応

好転反応が出にくい人

アトケアプロ,好転反応

 

 

アトケアプロの主成分と同じくプロポリスの原液でも、服用を始めて3~4週間後にメンゲン反応と呼ばれる好ましくない皮膚症状が起きることがあります。
このメンゲン反応が起きた場合には、一時的に使用を中止し症状の回復を待ちます。
症状が軽い場合には、しばらくしたら減量して再服用を始め症状の出ない量で維持します。

 

要は身体が新しい刺激に対してしっかりと反応して、
順応しようとしている状態ですね。

 

アトケアプロの場合、
摂取することで好転反応、
所謂一時的に痒みやガサガサが増長する可能性もあるということですが、
これを好転反応ではなく自分に合わなかったと勘違いしてしまうと、
効果が出る前に摂取をやめてしまうことにもなりかねません(泣)

 

ですので、
好転反応のような一時的な反応に囚われず、
2~3カ月は最低でも様子見をすることをオススメします!!

 

 

アトケアプロ